Nature

自然を知る

大和村で見ることができる植物や動物、昆虫などのご紹介です。

  • アオウミガメ

    奄美大島の近海に住み着いているカメは、主にアオウミガメ。子ガメは雑食ですが、大人になると草食になります。大和村でも5〜7月になると、国直海岸やヒエン浜に産卵にやってきます。上陸して産卵や甲羅干しをして……

  • オキナワチョウトンボ

    羽に特徴的な斑紋があるトンボです。写真はメスで、羽の先が透明です。奄美大島以南の南西諸島に生息しています。

  • オキナワキノボリトカゲ

    奄美から沖縄まで生息しているトカゲ。集落から山までいろんなところで見ることができます。子どもの遊び相手になっているのを見かけますが、絶滅危惧Ⅱ類です。

  • リュウキュウベニイトトンボ

    オスのお腹はかなり明るいオレンジ色で、メスは明るいかっ色です。九州南部以南に生息しています。3~5センチほどの小さなトンボです。奄美フォレストポリスなどの水辺で見ることができます。

  • アオモンイトトンボ

    本州以南に生息するトンボ。写真はオスだが、メスは橙色や緑かかったかっ色をしています。大和村では奄美フォレストポリスなどで見ることができます。

  • ハブ

    日本の固有種で、奄美諸島や沖縄諸島に住む(いない島もある)毒ヘビです。全長1~2メートルにもなり、非常に攻撃性が強いので、昔からマジムン=魔物といわれたり、山の神の使いといわれたり恐れられています。草……

  • リュウキュウハグロトンボ

    カワトンボ科で、奄美大島、徳之島、沖縄本島に生息してます。羽は真っ黒、体の色はきれいな金属光沢の黄緑色をしています。大和村では奄美フォレストポリス周辺の川辺などでよく見られます。

  • アマミノクロウサギ

    奄美大島と徳之島の2島にのみ分布している黒くて耳が短いウサギ。特異で原始的な形で、絶滅危惧ⅠB類(環境省第4次レッドリスト)に指定されています。大和村に多く生息し、ナイトツアーなどで観察することもでき……

  • アマミテンナンショウ

    奄美大島の固有種。草丈20~50cmの多年草で、サトイモ科です。 仏炎苞と呼ばれる花の形が特徴的。花は冬に開花。オスとメスがあり、写真はオスです。 環境省レッドリスト2021では絶滅危惧ⅠB類 ……

  • ミヤビカンアオイ

    奄美大島の固有種で、鹿児島県の希少野生動植物に指定されています。比較的標高が高い場所に生息しています。 花は冬に咲き、茶色いものから緑色っぽいものまであります。葉っぱはハート形で、光沢がなく、模様が……