HOME > ツアーレポート > 旧正月うわんふねツアー
2015.04.23

旧正月うわんふねツアー


2015年2月15日開催「旧正月うわんふねツアー」
平成26年度奄美群島民間チャレンジ支援事業の採択をいただきました。
NPO法人として初めてのツアーでしたが21名の参加者のみなさんから有意義なご意見をいただき無事開催することができました。


テル(竹籠)を背に斜面に生えたツバシャ(ツワブキ)を刈り取る参加者のみなさん


ツバシャの葉はその場で落とします


ドーコネ(大根)も10本収穫


ツバシャを大鍋で3,40分茹でます


ツアー一番のハイライト。ツバシャの皮むき作業。地道な作業もみんなで楽しく進めます


ツバシャは3,4日流水にさらしてアクを抜きます


アクが抜けて甘みを増したツバシャ


骨付き豚肉を2日ほど塩漬けします(画像は10kgのアバラ肉)


前日に塩漬けした豚肉を水にさらし適度に塩を抜きます(塩加減が大切)


最初の茹で汁はこぼし、2度目の茹で汁でツバシャを煮込みます


ツバシャとドーコネ(大根)と豚肉が大鍋に入れられ間もなく完成


出来立てを参加者全員で試食


うわんふねやせ(豚骨野菜)はシマの大切な行事食。ぜひご家庭で作ってみてください。