HOME > ツアーレポート > アオサvsカメノテ絶品!潮汁ツアー
2015.04.24

アオサvsカメノテ絶品!潮汁ツアー


「アオサvsカメノテ」絶品!潮汁ツアーが3月7日土曜日に開催されました(モニターツアーにつき参加料500円で開催)


前日に天候が回復したことから食材確保に出漁。アオサ、カメノテ、イカ、タコ、エビ、テラジャ、ついでにボタンボウフウをゲット。前回に引き続き「海の幸試食ツアー」になりました(笑)


~アオサ摘みに向かう”テル”ガールのお二人(テル:奄美伝統の竹カゴ)


チューリップ缶(ポークランチョンミートの蓋)によるオーサカキ(アオサ摘み)


講師役のオバサマ方によるオーサカキ。カッ、カッ、カッ、とリズミカルにかいていきます


川へ移動してアオサの洗浄


砂を落としてゴミを拾う。大小3つのザルを使って丁寧に選別します


公民館に戻って乾燥。新聞紙に広げ日陰で干します


カメノテ(方言名ザハンミャ)。波が高い荒場ほど密集して生えています


親指大の大物カメノテ


数十分で10キロのカメノテをゲット


近くの岩場で獲ったトコブシ


帰り道で摘んだアシタバ(ボタンボウフウ)


前日の夜間電灯潜りの獲物。カメノテ汁とエビ汁とマダ汁(イカスミ汁)の3種スープの飲み比べ


テラジャ(マガキガイ)の殻むきに挑戦。アオサのかき揚げにします


今日の潮汁はトコブシ入り!


セデエビ(脱皮直後のイセエビ)のスープ


フィールドより楽しい試食会~